松江市西川津町4014
 TEL: 0852-25-9935 (診療時間内にお電話に下さい)

 もうり動物病院
MOHRI ANIMAL HOSPITAL

診断用設備紹介

LOGIQ P6

超音波診断装置

超音波診断装置
 超音波検査は最小限の負担で動物の体の内側を見ることができる検査です。当院では動物病院の超音波診断装置としては比較的上位機種を導入しており、心臓の検査や腹部の臓器の検査において活躍します。検査の画像は自動的に診察室のパソコン内に保存されますので過去の検査結果との比較も容易です。


poch

自動血球計算装置

自動血球計算装置
 白血球数の増減や貧血の有無、血小板の数を調べる検査機器です。ヘマトクリット管による検査、顕微鏡による血液塗抹検査を組み合わせて評価します。犬、猫の他にウサギやフェレットなどでも使用できます。


drichem

血液生化学検査装置

血液生化学検査装置
 血糖値や腎臓や肝臓の機能を始め、大半の血液検査の実施がこの一台で可能です。犬リパーゼや犬CRPなど特殊な項目も測定可能です。犬猫以外の動物の正常値も公開されており、信頼性の高い検査機器です。

血液生化学検査装置

血液生化学検査装置
 血液の電解質の異常を迅速に診断します。特に高カリウム血症は緊急疾患であるため、1分程度で結果が出るこの機器のスピードが治療結果を左右することがあります。

血液生化学検査装置

血液生化学検査装置
  様々な内分泌疾患(ホルモン関連疾患)の検査を行います。検査センターに依頼する場合に比べて迅速に結果が得られ、素早く治療開始できます。門脈体循環シャントの診断に重要なTBAの試薬が最近発売され、さらに新しい検査項目が開発検討されています。

血液生化学検査装置

血液生化学検査装置
  血糖値と乳酸を迅速に測定する装置です。血糖値は糖尿病や低血糖の診断治療に必須であり、乳酸はウサギの消化管障害の指標となると期待されています。血糖値は院内の生化学機器と相関性が非常に高いことから導入しました。

尿化学分析装置

尿化学分析装置
 尿検査を客観的に正確に実施できる装置です。腎疾患の診断治療の有力な指標となるUPCを半定量的に評価でき、迅速に治療に反映させる事ができます。

遠心分離器 KUBOTA 3220

遠心分離器
 貧血の有無を調べたり、特殊な血液検査や糞便検査、尿検査など様々な局面で活躍します。

PetMAPデジタル

動物用血圧計
 心疾患、腎疾患、内分泌の異常などから生じる高血圧を診断します。動物の高血圧は検査しないと中々分かりません。放置していると腎機能の低下や網膜変性による失明の原因となります。

眼圧計 Tono-Vet

眼圧計
 眼圧測定は緑内障やぶどう膜炎の診断に必須の検査であり、眼科領域では「体温測定のようなもの」と言われています。当院に導入した眼圧計は点眼麻酔の必要ないタイプであり、気軽に眼圧の測定が出来ます。眼の異常を訴えて来院された場合、標準的な検査に組み込んでいます。

パンオプティック検眼鏡 Welch Allyn

パンオプティック検眼鏡
 パンオプティック検眼鏡は散瞳処置を必要とせずに広い範囲で眼底を観察することが出来ます。網膜の変性や網膜剥離、眼底出血などの有無を確認する検査です。アタッチメントを使用することで眼底写真の保存も可能です。

スリットランプ

ポータブルスリットランプ
 細い光を当てながら眼を観察する手持ちの顕微鏡です。白内障やぶどう膜炎、角膜の損傷などを調べることができます。当院では画像をカメラに保存できるタイプを採用しており、記録を保存すると共に眼科専門医との連携を心がけています。

 

光学顕微鏡

光学顕微鏡
  血液検査、尿検査、糞便検査や腫瘍の細胞診検査など様々な場面で活躍します。デジタル一眼レフが接続されており、糞便検査などの様子をハイビジョン画質で説明することが可能です。

デジタルX線システム

デジタルX線システム
 デジタルX線システムの採用によって鮮明なX線画像が迅速に得られ、院内の複数のパソコンに映し出されます。パソコン上では拡大や計測が可能で、過去のレントゲン画像との比較も容易です。二次病院への紹介の際にもデジタル化のメリットが生かされます。

X線発生装置

天井走行

X線発生装置
 手術X線室の天井に走行しており、ここからX線が発生して前述のデジタルX線システムとの組み合わせで実際のX線写真が作られます。手術台へ平行にスライドします。当院では出力が高く大型犬の撮影でも充分な画質が得られる機器を使用しています。

iMac27inch

iMac27inch
 ふたつの診察室の双方に27インチのiMacが設置してあり、X線写真や超音波の他、顕微鏡の画像、内視鏡の動画、眼底写真、手術所見などを精彩な画面で見ていただけます。メイン診察室は2画面となっており過去の画像と詳細に比較できます。

 

  • HOME
  • >
  • 診断用設備紹介